ビジネス メディア運営

ブログ初心者や初めてサイトを作る人が知るべきこと:文章やタイトルの書き方など

ここでは「初めてサイトを作る方」に知ってほしいことをざっくりまとめました。無料ブログにするべきか、どんなジャンルにするべきか、プログラミングは必要なのか…といったことをなるべくわかりやすく解説します。

無料ブログは使わない

無料ブログは使ってもあまり意味がない。その理由は 3 つあります。

これからブログを始める人は無料ブログでなく、独自のドメインを取得して、レンタルサーバーでブログを運営しましょう。

WordPress

この記事を読んでいる方はおそらく WordPress を知っていると思います。独自ドメインを持っていれば手軽にサイトが作れるというものです。WordPress そのものは、プログラミングの知識がなくても簡単に利用できます。

プログラミングの知識があればもっとすばらしいサイトを作れるはずです。それこそ一流会社のブランドサイトに負けないようなサイトにもなるかもしれません。

しかし WordPress は独自ドメインをとるコストに加えて、サーバーをレンタルし続けるコストがあります。料金はだいたい月 1,000 円〜からですが、サービスによって値段も質も変わります。レンタルサーバーは他の商品よりも比較が難しいサービスですが、このサイトで実際に使っている


はとても快適です。多くの同時アクセスをさばけて、アクセスが一定以上の集中してもダウンすることはほとんどない。おそらく日本では最安レベルで、質がとてもいい。他にもいくつかレンタルした経験はありますが、最終的にここのサービスに落ち着きました。

ニッチなジャンルを攻める

人気のジャンルやカテゴリーで記事を書いても、激しい競争のせいで埋もれます。誰も読まないコンテンツは存在しないコンテンツも同じで、書いた時間だけ損します。書いても読まれない経験はかなり苦しいもので、ほとんどのブログが長く続かない原因の一つです。

読み手の人口が少なく、競合が少ないカテゴリーを攻めてください。ニッチなジャンルであなたのサイトをアピールするのです。広い市場を足場にするベンチャー企業はたいてい失敗します。成功はいつも狭い市場から始まり、ブログやサイトも結局はニッチな環境でしか成長しません。

文章の書き方や構成

文章の書き方は、報道型と小説型の二種類があります。初めてサイトを作る、初めてインターネットに記事を公開する人は、文章の構成にパターンがあることを意識してください。

報道型は結論から述べるタイプ。小説型は前置きをつけて結論をなかなか言わないタイプ。このサイトは情報の伝達が目的なので報道型です。小説型の文章は、情報を早く知りたい人にとって負担になります。エンターテイメントを目的としたサイトは小説型がいいでしょう。

自分が作っていくサイトの特性を認識しながら、報道タイプと小説タイプのどちらがいいか考えると、すばらしいサイトができるはずです。

必要なものだけを書く

サイト(ブログ)を続ける原動力はアクセスの増加しかない:読まれないものは書いてはいけない

「読まれないものは書かない。読まれるものを書く」という癖をつけることが大切です。読まれるか、読まれないか、をざっくり判断するにはいくつか方法があります。

  1. ユーザーはその文章でなにかを解決できそうか?
  2. ユーザーはその文章をどうやってインターネットから探し当てるのか?
  3. ユーザーはその文章を他の人に読んでもらいたいと思うか?

この問いをいつも考えるようにすると、自分が書きたいものでなく、書くべきものを優先的に書くようになっていきます。その時、あなたのサイトはいよいよ本格的に成長していきます。

著作権

サイト運営者のとるべき著作権侵害とコピーコンテンツの対策と対処法

著作権侵害が深刻な問題となっています。コピーを難しくするには、オリジナルの画像などを用意するしかありません。サイトをまるごとコピーされるというケースもあるので、なにかに特化したサイト(美容、ダイエット、家電、時計、漫画など)を作るときは、ライバルにコピーされないためのしかけを作ったほうがいいです。

たくさんの人に読んでもらうためにすること

タイトルは重要です。タイトルは検索結果に大きく表示されるため、ユーザーとあなたのサイトを最初につなぐものは実にタイトルです。

悪いタイトルではユーザーはそのページまでたどり着かない。タイトルは良くても本文が悪かったらユーザーはすぐに離れてしまいます。タイトルと本文はきちんと関係している必要があり、無関係なタイトルや無関係な本文がたくさんあったら、やはりユーザーは離脱する。

書き方を工夫しないとユーザー(特に定期的にきてくれるコアなユーザー)は増えません。