エッセイ ブログ

2020年の株式投資をふりかえる…TeslaとSquareの株価が倍に

2019年の末に「2020年の米国株式はどうなるか?」という予想をやって、次の株を紹介しました。

・Tesla
・Square
・Disney

紹介した記事はもう消えています。上の2つは私がただ持っているので書きました。今年は結局この2つのおかげで資産が増えました。パンデミックが起きて株価が大暴落した3月、私は株を1株も売らず、ひたすら貪欲にいろんな株を買いました。その中にDisneyがあります。

アメリカの株式にくわしい人はいまさら説明されたくないと思いますが、Teslaは電気自動車の最大手で、Squareはキャッシュレス決済の最大手の一つです。三井住友銀行に行けばSquareの広告が貼ってあります。日本でも普及しつつありますが、そういう株はたいてい上昇過程にあるのです。ドミノピザもそうでした。

私はTeslaを2017年、Squareを2018年に買っているので、この2つはだいぶ放置しています。どちらもその頃は日本の個人投資家からはほぼ無視されていましたが、今はそうじゃないみたいですね…。

Disneyは今年の暴落中に買ったので、数ヶ月は含み損がありました。つまり塩漬けです。個人的にDisneyはNetflixよりいいと思っていますが、今後はどうなるのかわかりません。Disneyはスターウォーズのような著作権を大量に抱えていますが、Netflixにはそういうのがあまりない。そこは後々効いてくると考えています。

他にもいろいろ買いましたが、Disneyだけは思い出がたくさんありますね。長期間含み損を見たのは何年か前のNvidia以来です。正直かなりいらついていました。が、秋になって上昇し、ようやく含み損のストレスから解放されました。今年はDisneyとNetflixの比較に時間を使った一年でした。