労働の労の訓読みと意味〜「いたわる」「ねぎらう」の違い

労働の労は訓読みで「いたわる」「ねぎらう」と読みます。

どちらもよく使われますが、どう違うでしょうか?

いたわるの意味

「いたわる」とはなぐさめることです。たいてい、相手はなにかが原因で傷ついています。その傷をなぐさめるときに「いたわる」わけです。

ねぎらうの意味

「ねぎらう」とは感謝することです。褒めることも意味します。例えば、父の日に父の労働に感謝することは、ねぎらうことです。