凪という漢字の訓読みと意味〜「なぐ」ってなに?

凪は音読みがなく、「なぎ」「な(ぐ)」という訓読みがあります。凪は音読みがない漢字の代表です。

「なぎ」の意味

「なぎ」とは風がない状態です。無風状態で静かなさまを「なぎ」といいます。また、海で波がない状態も「なぎ」といいます。厳密には波がない状態はないため、波が静かで穏やかなさまを「なぎ」といいます。

「なぐ」の意味

風がなくなり、音が静かになることを「なぐ」といいます。波がなくなることも「なぐ」といいます。

凪の用例