出生地主義とはなにか?血統主義との違い

出生地主義とは、その国で生まれた人に市民権を与える社会制度のことです。アメリカやカナダが出生地主義をとっていますが、現在トランプ大統領はその制度に反対を唱えています。

出生地主義をとっているアメリカでは、アメリカでない国籍をもつ人であっても、アメリカで子どもを産めば、その子どもはアメリカ国籍をもちます。これはアメリカ合衆国憲法修正第14条第1節で定められています。

血統主義との違い

ヨーロッパでは血統主義が一般的で、例えば日本も血統主義をとっています。父母どちらかが日本人なら、子どもは日本国籍をもちます。