Irohabook
PHP WordPress

WordPressのおすすめパーマリンク設定:%category%は不要。%postname%だけでいい。

広告

WordPress のパーマリンクは特別な理由がないかぎり、記事のスラグだけにします。つまり

%postname%

とします。

WordPress のパーマリンクにカテゴリーや日付は入れない

カテゴリーや日付は含める必要がありません。以下のパーマリンクは非推奨です。

%category%/%postname%

カテゴリーはパーマリンクに含めないでください。カテゴリーはサイトの規模が大きくなると変更される可能性があります。日付はカテゴリーのように変更されませんが、時がたっても読まれる記事(永続的な記事)の URL に日付を入れる意味はありません。

大手メディアが日付を入れているのは、記事がニュースだからです。ニュースは公開日時がとても重要ですが、それ以外のメディアは日付よりも記事のスラグそのものが大切です。

WordPress のパーマリンクは post_id でもいい

%post_id%

postname は記事のスラグですが、その代わりに post_id を使ってもいいでしょう。一般的かどうかは別です。一部の日本メディアは

%postname%-%post_id%

としていますが、この設定は複雑なだけで意味がありません。URL はシンプルに設定してください。

大原則
URL はシンプルに設定する

WordPress のパーマリンクは最後にスラッシュをつけてもつけなくてもかまわない

%postname%
%postname%/

最後のスラッシュはあってもなくてもかまいませんが、このメディアは「スラッシュなし」にしています。末尾のスラッシュは下の Google 公式を確認してください。スラッシュがあると、そのパスはディレクトリのようにふるまい、下に index があるニュアンスをもちます。スラッシュなしは、そのパスが一つのファイルのように印象づけます。ただしこれは慣習的なニュアンスにすぎません。

URL 末尾のスラッシュは必要? - Google

Google も「どっちでもいい」と言っているので、あとは巨大メディアの慣例に従うのみです

スラッシュあり

スラッシュなし

世界的なメディアは「スラッシュなし」が多数派かもしれません。特にプログラマーがふだん使っている github と、最も巨大なインターネットメディア vice が「スラッシュなし」にしているので、「スラッシュなし」が一般的になるでしょう。Apple などの古いサイトはスラッシュあり、twitch などの新しいサイトはスラッシュなしを選択しています。

新興勢力はだいたいスラッシュなしです。

WordPress のパーマリンクは最初にきちんと決めよう

WordPress のパーマリンクは最初にきちんと設定しましょう。後で修正すると、それまで書いた記事の URL の信頼性が消えて、検索上位に載っていた記事も飛ばされてしまいます。

WordPress はパーマリンク設定の他に、画像ページのリダイレクトといった重要な設定がいくつかあります。本格的に運用する前にチェックしてください。

実際にブログを書いていくと、今回のような難しいことが次から次に出てきます。むやみに記事を書く前に、基本的なプログラミングがわかっていないと「あれだけブログに時間をかけたのに結局なにもならなかった…」ということになってしまうかも。

プログラミングの独学はすばらしいですが、一般的でないコードやデザインを大量につくるリスクをはらんでいます。ブログを書きながらプログラミングを習うことを強く推奨します。

世界一のオンライン学習プラットフォーム


日本でかなり有名なスクール


広告

コンピューター コンピューター
プログラミング プログラミング
数学 数学
英語 英語
国語 国語
理科 理科
社会 社会