売掛ってなに? 簿記3級で習う売掛金の仕訳

買掛金の仕訳で買掛金について学びました。今回は買掛(かいかけ)の反対の売掛(うりかけ)について考えます。

売掛とは、商品を売った直後にお金をもらうのでなく、後でその分の代金を回収する方法をいいます。お金のやり取りを後回しにする点で買掛と似ていますね。

売掛によって商品を売った場合、現金はもらわず、「売掛金」という「後でお金をもらえる権利」をもらいます。売掛金はその性質から資産です。したがって売掛によって商品を売った場合

借方科目 金額 貸方科目 金額
売掛金 6,700 ? ?

となります。売掛によって商品を売ったということは、その分だけ収益が発生したことになります。簿記では収益を右に書くため

借方科目 金額 貸方科目 金額
売掛金 6,700 売上 6,700

となります。

代金の回収の仕訳

商品を売掛によって売り上げた後、どこかのタイミングでお金を実際に回収します。回収しないと売り上げた分だけ損してしまいます。上の例では6,700円の商品を売り上げたので、現金を1,200円もらうことになります。

一方、代金の回収によって売掛金という「資産」が消えます。資産の形が売掛金から現金に変わったと考えてもいいですね。したがって売掛金の回収は

借方科目 金額 貸方科目 金額
現金 6,700 売掛金 6,700

と仕訳します。

おしらせ

受験生、大学生、数学の好きな大人の方に向けて、センター数ⅡBの過去問を解く勉強会を開催します。

広告