24と36の公約数と最大公約数、最小公倍数

24と36の最大公約数 12
24と36の最大公約数 72

24と36の公約数

1
2
3
4
6
12

メモ

24と36の公約数、最大公約数、最小公倍数はよく出題されます。最大公約数は下図のように求めます。

最大公約数を求める図

24と36を2や3などで順番に割り、割れないところまできたら、割った数をすべてかけます。

2 × 2 × 3 = 12

最大公約数は12となります。

公約数は、最大公約数の約数です。最大公約数は12とわかったので

1
2
3
4
6
12

の6個が、24と36の公約数となります。

最小公倍数を求める図

最小公倍数は、最大公約数と最後に出てきた数をすべてかけて求めます。

広告