かけ算24の段(24の倍数) 中学受験生の覚えるべき倍数

24は20~30で一番重要な数です。小学校の算数でもそれ以上の数学でも24の特殊な性質を問うような問題はよく出てきます。

24 × 1 = 24 24 × 2 = 48 24 × 3 = 72 24 × 4 = 96 24 × 5 = 120 24 × 6 = 144 24 × 7 = 168 24 × 8 = 192 24 × 9 = 216 24 × 10 = 240 24 × 11 = 264 24 × 12 = 288 24 × 13 = 312 24 × 14 = 336 24 × 15 = 360 24 × 16 = 384 24 × 17 = 408 24 × 18 = 432 24 × 19 = 456 24 × 20 = 480 24 × 21 = 504 24 × 22 = 528 24 × 23 = 552 24 × 24 = 576 24 × 25 = 600 24 × 26 = 624 24 × 27 = 648 24 × 28 = 672 24 × 29 = 696 24 × 30 = 720

24は360の約数であり、24の倍数は角度の問題でしばしば出ます。大学受験生は三角関係の問題で、144度をラジアンにするような場面がよくあると思いますが、そんな時にこの24の段は役立ちますね。

問題

24 × 14 = ? 24 × 15 = ? 24 × 16 = ? 24 × 18 = ?

解答

24 × 14 = 336 24 × 15 = 360 24 × 16 = 384 24 × 18 = 432

広告