室町時代の農業(三毛作と下肥)

鎌倉時代になって二毛作が普及したが、室町時代になると三毛作も広まり、さらに下肥(しもごえ)が使われるようになった。戦争によって土地は荒廃しやすい状況にあったが、総じて農業生産力は上がっていた。

広告