室町時代の農業(三毛作と下肥)

2017/8/04

Shinichiro Sakamoto

広告

鎌倉時代になって二毛作が普及したが、室町時代になると三毛作も広まり、さらに下肥(しもごえ)が使われるようになった。戦争によって土地は荒廃しやすい状況にあったが、総じて農業生産力は上がっていた。


Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/irohakasa/irohabook.com/public_html/wp-content/themes/child/single.php on line 125

広告

広告