Irohabook
高校倫理 社会契約説

ホッブズ、ロック、ルソーの社会契約説(自然状態と自然権など)をざっくりわかりやすく解説

広告

社会契約説を一言で言うと「今の自由な世界を作るための思想」です。どんなところに公園を作るか、国にどれだけ税金を払うか、どんな人を裁判官にするか、といった問題はみんなで決めますが、昔はまったく違いました。

昔は一人の王様がすべてを決めていました。悪い王様は自分だけ贅沢な暮らしをして、みんなを不幸にします。実際そうした王は過去にたくさんいました。多くの国は今も王がいますが、国の政治に深く関与しません。みんなで国のあり方を決めていくというのがスタンダードになっています。この「みんなで決める」という方針の最初の形が、ホッブズ、ロック、ルソーの社会契約説です。

注意 この記事はあくまでも「ざっくりわかりやすく」をモットーにしているので、本来の学問的な意味とずれている場合があります。

自然状態

自然状態はざっくり言うと「国も警察もない状態」です。泥棒がいたら、警察が逮捕するべきですね。しかし自然状態に警察はいないので、泥棒はのびのびと盗むことができます。

実際、きちんとした国ができるまで、世界のほとんどの地域はとても危険な状態だったでしょう。いつ食料や現金を盗まれるかわからない、道を歩いているだけで誰かに切られるかもしれない、そんな状態だったはず。

自然状態 = 警察がいない状態

広告

ホッブズ、ロック、ルソーの自然状態

この三人はこの「自然状態」を冷静に分析しました。ざっくり言うとこんな感じ。

ホッブズ … 自然状態はとても危険だ
ロック … 自然状態はそんなに危険でない
ルソー … 自然状態はとても素晴らしい!

ルソーが一番楽観的で、ホッブズはとても悲観的です。もっとざっくり言うとこんな感じになります。

ホッブズ … 人間不信、性悪説
ロック … やや性善説
ルソー … 性善説

自然権

自然権がとてもわかりにくい。自然権は、ざっくり言うと「自分のお金を自分のものと言える権利」や「自分の行動を自分で決められる権利」です。

こう考えると、自然権は当たり前の権利ですね。むしろ自然権がなかったら生きていけない。自然権がまったくなかったら、家をいつ奪われてもおかしくないし、食べ物をとられても文句いえない。

逆に自然権が完全に認められている状態を考えましょう。「自分の行動を自分で決められる権利」をみんなが十分に持っているので、お金を増やすために相手からお金を奪う自由も認められています。

自然権が完全にない → もはや生きていけない
自然権が完全にある → みんな勝手に行動する

つまりどちらもダメなのです。自然権がないとなにもできないが、完全に認めてしまうと、争いごとが起きて自滅する。

広告

自然状態と自然権

警察がない自然状態という状態で、私たちは自然権を持っています。自然権は文字どおり「自然に持っている権利」です。自然に持っている権利として次のようなものがあるでしょう。

これらの権利(自然権)はすべての人間が最初(自然状態)から持っていると考えます。

ホッブズ

ホッブズは一番極端で「自然権を放棄しろ!」と言いました。自然権を持っているから、みんなが勝手に行動し、争いごとが起きる。だったら自然権を放棄すればいい。

みんなが自然権を国に渡す。一人ひとりの命、財産、自由などをすべて国に渡して、全員がなにもできないようにすればいい。これがホッブズのだいたいの思想です。

ホッブズ

すべての自然権を国に渡す → 国が全員を絶対的に管理する

ホッブズの理想 … 国が全員を完全に支配する

ロック

ロックはホッブズより柔軟に考えました。自然権はある程度認めないとやっぱりいけない。

自然権の一部を完全に認める → そのためにみんなで国を作る

ただし一人ひとりは国に逆らうことができます。これを抵抗権や革命権といいますが、ロックはこの「国に抵抗する権利」を認めました。

ちなみに教科書に「信託」という言葉があると思います。この「信託」は深く考えると混乱するので、最初は「権利を渡す」みたいに考えて大丈夫です。

ルソー

ルソーは難しい思想を持っています。最初はだいたいロックと同じと考えてもいいでしょう。

ルソーは自由と平等を理想としました。ルソーは自然状態を素晴らしいものと考えましたが、この自然状態は自由と平等が実現されている社会です。もともと私たちは自由で、平等に生きていた。

しかし「自分のお金は自分のもの」という権利をみんなが主張し、だんだん自由と平等がなくなっていった。

人間は根本的に自由と平等を実現していたし、実現しようとしている。この意志を一般意志といいます。私たちはこの一般意志に従って国を作らないといけない。これがルソーの思想です。

広告

ポイント

この三人はいつもセットで出てきますが、そもそもセットで覚えようとするから余計に混乱するのかもしれません。三人とも自然状態と自然権を考えたことは共通していますが、それ以降の思想はかなり方向がずれています。特にルソーは異質といえます。

ホッブズとロックは自然権の処理で対立する考えを持っているので、そこを起点に覚えるといいかもしれません。

ホッブズ … 自然権はすべて放棄しないといけない
ロック … 自然権の一部は認めないといけない

放棄するか、認めるか、という点で完全に真逆ですね。自然権を完全に放棄している状態を0、完全に認めている状態を100とするとこんな感じになります。

ホッブズ … 0
ロック … 50

ただしロックは「放棄」でなく「認める」ことから出発します。自然権50という状態をどう見るかです。

◯ 自然権50を認める
△ 自然権50を放棄する

どちらも数値的には同じですが、見方が異なる。ロックは「認める」方向から入ります。なにを認めるかというと、一番は財産権です。つまり「自分のものは自分のもの」と完全に主張できる権利です。

イギリス フランス 社会契約

広告

コンピューター コンピューター
プログラミング プログラミング
数学 数学
英語 英語
国語 国語
理科 理科
社会 社会