勉強のやる気が出ない日にすること(大学受験生向け)

勉強のやる気が出ない時、大学受験生はどうすればいいんでしょうか? たぶん人生はやる気が出ない時が大半です。今のうちにやる気を出すための方法を考えると、大学受験だけでなく、人生がより豊かになるでしょう。

結論:

  • 問題集をとりあえず開く
  • シャーペンをとりあえず動かす
  • ノリのいい音楽をかける
  • とにかく環境を変える
  • 勉強時間を変える
  • 毎日運動する

よく考えると受験以外に使えます。

ノート

とりあえずなんかする

とりあえず行動する人はなんでも強い。知識よりも習慣を重んじるタイプは受験もなんでも成功しやすい。

とりあえず問題集を開きましょう。そしてシャーペンを動かそう。嫌でもなんでも、吐いても寝ても、行動に移す。ほんのささいな行動も、何もしないでベッドに寝そべっているよりはマシ!

マドンナ古文単語をとりあえず開けば、古文単語の一個でも覚えられます。

ノート

ノリのいい音楽をかける

どんな音楽を聞くかで、やる気は大きく変わってくる。こと受験に関してはノリのいい曲をなるべく聞くようにしよう。まったりした曲を聞くと、気合いや勢いが身につかない。

勉強をしたくない時は多少抵抗があっても、テンポのいい曲を選びましょう。

環境と時間を変える

図書室に行く、図書館に行く、マックで勉強する、友だちの家で勉強する、など選択肢はたくさんあります。私たちは飽きる生き物で、飽きると脳みその動きも鈍ってきます。私自身は毎日のように環境を変えていました。

  • 学校の放課後
  • 予備校の自習室
  • マック
  • レストラン
  • 日比谷図書館

高校生、大学生の頃はよく日比谷図書館に行っていました。学校外の人が行き来する場所はおすすめです。

そして勉強時間を変えてください。朝に勉強する人は夜に、夜に勉強する人は朝に勉強する。自分にピッタリはまる習慣などありません。心地いい習慣はしばらくすると飽きて、心地悪くなるからです。

運動

現役生は体育の授業があり、運動量はあまり問題にならないと思いますが、浪人生の場合は事情が変わってきます。

とにかく運動しましょう。現役生も浪人生も、毎日運動してください。体力はあらゆる活動の源です。頭も例外じゃない。

運動と勉強のメリハリをつけると、勉強だるい〜と言っている時間がきっと減ります。

広告

広告

広告

技術

言語

高校理系

高校文系

中学

小学

エッセイ

姉妹サイト