search
New サムネイル Pythonで同じディレクトリにあるファイルを開く(path.dirname(__file__) New サムネイル PythonでSchema.orgのDate形式(ISO 8601)を扱う New サムネイル 分断するメディアとインターネットのユーザー:ライトノベル、キズナアイ、TikTokに思うこと

学校で教わらない資本主義と独占(第2回)「トレンドの順張りと逆張り」:受験生が東大を捨ててアメリカの大学に行くべき理由を資本主義から考えよう

広告

「学校で教わらない資本主義」の第2回です。

多くの学生は自分のトレンドを理解しています。「あ、今理科の調子がいい」とか「今は数学の点数が下降気味だ」とか。受験でも人間関係でも、事業でも投資でも、いい時と悪い時が交互にやってくるトレンドがあります。トレンドの本質を理解し、トレンドを支配すれば、一見難しい競争も勝てるようになる。

世界的なトレンドは三つある。経済、政治、文化の三つ。経済のトレンドは世界史で出てきますが、ざっくりまとめるとこうなります。

出来事
1929年 世界恐慌
1971年 ニクソンショック
1987年 ブラックマンデー
1997年 アジア通貨危機
2008年 リーマンショック

経済と政治のつまらない話はここまで。ここからはみんなの大好きなお金の話です。リーマンショックが起きた時にP&G(洗剤などを作っている会社)の株を100万円買っていたら、今はどのくらいの価値になっているか?

逆張り

リーマンショックの時はみんなが絶望して「株なんかとっとと売っちまえ!」と投げ売りしています。書店に行くと売れないDVDが山積みにされていますよね。定価6,500円くらいだったのに、誰も買わないから100円になっているという。株もそんな感じで、景気が悪くなると1000円の株が100円になる。

しかし投げ売りは永遠に続くない。売れないDVDと違って、株の投げ売りはどこかで終わる。それはその株を発行している会社が存在して、商品を作っているから。だからある価格で底がつき、そこから価格は上昇していく。

資本主義の逆張りとは、みんなが株を売っている状況で、自分だけは株を買うことです。トレンドに逆らっているので逆張りといいます。P&Gはリーマンショック前に7000円(1ドルを100円とした)でしたが、リーマンショックが起きて4000円くらいになりました。しかし今は9000円です。

みんながP&Gを売っている時、つまりP&Gを2008〜2009年くらいの時に買っていれば、今頃は当時の2倍になったというわけです。当時100万円でP&Gを買っていたら、今は200万円になっています。たった10年で2倍になっているなんて、すごいですね。

順張り

この記事をiPhoneで読んでいる人は多いと思いますが、iPhoneを作っているAppleはどうでしょうか?Appleとスティーブ・ジョブズが死ぬほど好きで、iPhoneが出た時にApple株を100万円分買っていたら、今はどうなっていたでしょうか?

リーマンショックというトレンドに逆らえばP&Gでお金を2倍にできることがわかりました。P&Gと同じように2008〜2009年あたりでAppleを買ったとすると、今頃は15倍ほどになっています。10年前のAppleは1000円ちょっとでしたが、今は17000円です(1ドルを100円とした)。

AppleはiPhoneを出してからイケイケでした。スマートフォンというブームに火をつけた当事者であり、トレンドに最も乗っていた会社でした。トレンドに乗ると、株価は10年で15倍になるのです。イケイケのトレンドに乗って株を買うことを順張りといいます。

逆張りと順張り

株の買い方に逆張りと順張りがあるとわかりました。トレンドに逆らって儲けることを逆張り、トレンドに従って儲けること順張りといいます。株だけでなく、仕事、事業、人間関係のすべては逆張りと順張りでできています。学校や塾は資本主義の本質を教えないのでこの辺も教えない。しかし私たちは次のルールを理解しないといけない。

すべての取引は順張りと逆張りの組み合わせでしかない。

ここからは順張りと逆張りのいくつかの例を紹介します。

渡辺直美さんとインスタグラム

みなさんはインスタグラムで渡辺直美さんをフォローしているでしょう。前回の記事で説明したように、彼女は資本主義のルールに沿って成功しました。フォロワーが多いユーザーはもっとフォロワーが増えるという少数支配の「独占」は資本主義そのものです。

渡辺直美さんはインスタグラムでなく笑っていいともがきっかけでブレイクしました。当時はインスタグラムはおろかソーシャルメディアもほとんど普及していない(ミクシィはあったけど)。その頃の下積みがあってのインスタグラマーであり、なにも一朝一夕に何百万人のフォロワーを抱えるにいたったわけじゃない。

笑っていいとも、ビヨンセのものまね、インスタグラムとさまざまな要素が絡み合っていますが、渡辺直美さんはインスタグラムにおいて順張り型です。彼女はおそらくかなりの時間とエネルギーをインスタグラムに投資しています。どのタレントよりもインパクトのある写真を配信していますが、そうした写真はカップラーメンができる時間で作れるわけじゃない。

渡辺直美さんはどうしてインスタグラムに一生懸命なんでしょうか?ツイッターでもFacebookでもなく、ミクシィでもマイスペースでもなく、なぜインスタグラムなのでしょうか?それは現在のフォロワー数が莫大だからです。

順張りはここがポイント。順張りとは、今すでに成功しているものにエネルギーを投下することです。

渡辺直美さんのようになりたくてインスタグラムを始めた。今はフォロワー数が1万人だ。でもYouTuberになりたいとも思っている。しかしYouTubeの登録者数は今のところ100人しかいない。大学の講義はあるし、試験もパスしなくちゃいけない。ネットに割ける時間は1日2時間が限界だ。さあどうする?

順張り型はこの状況でYouTubeを捨てます。渡辺直美さんのようにインスタグラムに特化するといいでしょう。

AppleとMac

1995年にWindows95が出ると、パソコンのOSはWindowsが一般的になりました。私がいた中学校、高校は2000年代になってもほとんどはWindowsで、Macを使っている人は「変人」扱いされていました。その私はこの記事をMacBookProで書いています。

小室ブームとWindowsブームはどちらも順張り。みんながTRFを聴いているから、イケイケで篠原涼子さんが「愛しさと切なさと心強さと」をリリースし、さらに安室奈美恵さんが「CAN YOU CELEBRATE?」を出していく。マイクロソフトも同様に、みんながWindowsを使っているから、Windows98を出して、Windows2000を出して、WindowsXPを出していく。

ブーマーが世界を支配する裏で、Appleは淡々とMacを作っていました。当時独自のOSを作ることは話にならないとされていました。コンピューターもソフトもみんなが同じものを使っているほうが世の中はうまく回る。みんながWindowsのワードで文章を書いていたらみんなでそれを閲覧できる。WindowsとMacの両派が半々だったら、Windowsで閲覧できる文書はMacの人は見れないし、逆もしかりだから不便でしょうがない。

つまりマイクロソフトもコンピューターを使う側もWindowsというトレンドを強化するほうに流れていた。その大きなトレンドに逆らった稀有の存在がAppleでした。Appleは独自規格にこだわってコンピューターを作りました。あまりに独特だったため、「変わり者がMacを使う」と批判する人もいました。

マイクロソフトは順張り、Appleは逆張りに出ましたが、今この二社はほぼ同じ時価総額となっています。今もWindowsは最強で、Macを使っている人は圧倒的少数派。それなのにAppleは偉大な会社とみなされていますね。もちろんiPhoneがあるからです。

Appleと順張り、Appleと逆張り

いよいよ資本主義の本質が見えてきました。Appleが世界一成功した理由は、順張りと逆張りを使い分けたからです。よく「順張りのほうがいい」「いやいや、逆張りのほうがいい」という議論が起きますね。それは無駄で、資本主義の本質をほとんど見えていない。

Apple製品

資本主義の独占は順張りと逆張りがうまく同居した時に存在します。Appleは最初逆張りで生きていました。Windowsの独占的支配に逆らっていたので逆張り。

しかしiPhoneが出たら「人間はもっとスマートフォンとつながるべきだ」と訴えて順張りにかけていく。今もMacは作っているので、パソコン市場では逆張りを相変わらず続けています。

大成功する会社・個人は順張りと逆張りのどちらも活用しますが、それはなぜでしょう?

順張りは発展、逆張りは生存に関わるから

ここまで読んだ人は「逆張りなんていらなくね。順張りのほうが成功するんだろ?」と思ったでしょうが、AppleもAmazonもFacebookも逆張りを最初に使っています。Amazonは「なんでもかんでも売らない(本だけを売る)」「サンフランシスコ周辺にオフィスを構えない」といったもろもろの逆張りがあります。Facebookも「最初は大学生だけ」「実名形式」という逆張りをとっています。インターネットは匿名性が売りで、実名登録はインターネットの本質に逆らっていると勘違いしている意見がかなりありました。

前回出てきたスタンダード・オイルも同様です。「油なんて掘ってどうするの?バカじゃないの?」という意見に逆らって、原油の精製に人生を捧げた。つまり逆張り。戦争景気が終わって原油価格が暴落した後も、「やっぱり原油なんて」という風潮に逆らってむしろ事業を拡大。やっぱり逆張り。

多くの事例から明らかにされる真実は、逆張りはそのものの初期、衰退期に関わるケースが多いということです。AppleのMacはもちろん「衰退期」を象徴する逆張りです。iMacをリリースしてやっと逆張り戦略がうまくいった時、つまりスティーブ・ジョブズが復帰した時はAppleの衰退期でした。Appleはいつ死んでもおかしくない会社でしたが、逆張りがうまくいって衰退期を抜け、再び成長期に突入したのです。

一方、順張りは会社・個人の発展に関係します。マイクロソフトはWindowsブームに乗って、時価総額80兆円という途方もない巨大会社になりました。90年代のブーマーである浜崎あゆみさんも「浜崎あゆみ」というブームに自身が乗って、歴代最高レベルの売上を出しました。何かがブームになったり、生活のすみずみに普及したりする時、その裏で会社・個人がそのトレンドに乗って爆発的成長を遂げています。

「逆張りは生存、順張りは発展に関わる」という理由がわかったところで、私たちは今後どう生きていけばいいでしょうか?

逆張りは長期的戦略、順張りは短期的戦略に関わる

逆張りは生存本能の一つです。いわゆる悪あがきというやつです。「もうダメだ、このままじゃ死ぬ…!」「敵に潰される!」という時のダメ元キックが逆張り。株の逆張りはみんなが絶望して売っている最悪期の選択でした。

ここでようやく逆張りの別の面が見えてきます。逆張りは「今はダメだけど、未来はきっといいはずだ」という確信をもとにしているのです。みんなが売っている時に買ったら損します。冷静に考えたら逆張りは悪手です。今の損失を超える未来の利益があると信じているから、逆張りをとるのです。つまり逆張りは長期的戦略といえます。

順張りは簡単です。加速のある状況に乗っていれば宇宙まで行くだろうという理論的根拠があり、しかも自分はあまりエネルギーを使わなくてもいい。ブームそのものがエネルギーなので、ブームに乗っている人はわずかなエネルギーですむ。順張りは短期間で利益を生みやすいといえます。

みんな順張りになればいいじゃん。なんで逆張りも考えるの?

順張りのほうが得しやすいので、ほとんどの人は順張りに行動します。つまりみんながインスタグラムを使っていたら、インスタグラムというトレンドパワーを借りて、自分もよっこいしょと乗ればいい。ブームの去ったツイッターよりは、短い持ち時間でより多くのフォロワーを集められるかもしれない。

みんながVineを使っていたら、せっせとVineに動画を投稿すればいい。フォロワーを集めて、より多くの人に動画を見てもらって、あっという間に有名人の仲間入りだ!

Vineは短尺の動画投稿サービスで、現在のTikTokに近いもの。かつてVineの女王だったBrittany Furlanさんの半生を知りたい方は「The American Meme」を見てください。Vineというトレンドに乗って、つまり順張りにかけていた人がVineの終了とともにどうなったか。The 30 Most Influential People on the Internetにあるように、タイム誌は彼女を影響力のある30人の1人に選びましたが、現在のYouTubeの登録者数は約33万人(2019年2月現在・YouTube公式より)。

彼女は今もセレブであり、パリス・ヒルトンと同様に影響力があり、世界中にファンがいます。しかしVineのフォロワー数は950万人(Meet the 30 most popular Vine stars in the world(ビジネス・インサイダーより))で、その数は有名インフルエンサーLogan Paulさんを抜いていました。何か腑に落ちないがするでしょう。

順張りは有効ですが、それもそのトレンドがある限り。トレンドが消えると、それまでの成果を活かして効率よく成長する…というループがなくなり、成長どころか逆戻りになってしまうのです。ここで会社や人は順張りから逆張りしようと思います。

ほとんどの人はマニアックなソーシャルメディアを使おうとしない。Discordなどはその典型です。Discordは知る人ぞ知るマニアックなソーシャルメディアですが、ユーザー数は着実に増えています。みんながインスタグラムを使っている中、あえてDiscordを使うのは逆張り。

大学生はどう生きるべきか

逆張りはトレンドに逆らい、順張りはトレンドに従う。逆張りは長期的戦略、順張りは短期的戦略にもとづく。大学生は逆張りで人生対策、順張りでシラバス対策をとりましょう。

日本人は大学に入ると勉強をサボります。サボってバイトすることが多数派で、大学生活のトレンドとなっている。だからこれを読んでいるあなたはその逆張りをとって「あえて勉強する」ほうがいいでしょう。逆張りは現在でなく、将来の利益を念頭に置いています。授業をサボることは楽しいし、その時間をバイトにあてれば儲かる。しかしあえて反対を向いて、その授業をきちんと受けてください。

大学生は科目を選択できますが、その科目は今のトレンドに従っている分野に絞りましょう。具体的にはプログラミング、デザイン、統計学の三つ。文化の勉強もいいけど、前回「資本主義は選択と集中をモットーにする」と述べたように、広範囲に手を広げると必ず失敗します。

高校生はどう生きるべきか

高校生は第一に順張りをとってください。自分の成績がトレンドであり、得意なものが見えてきたら、そこに全エネルギーを注いで後は無視しましょう。やや言い過ぎですが、これは前回のテーマ「選択と集中」の帰結でもあります。

順張り、つまり得意なものに集中することは(短期的)競争で勝つための鉄則です。

ではどこで逆張りを使えばいいでしょうか?それは大学の進学先です。クラスメートの何人がアメリカの大学に進学しますか?東大や京大などの国内大学を目指す人が大多数ですが、そのトレンドに逆らってアメリカの大学に入りましょう。私は東大(理学部)を出た後、東大大学院に進学しましたが、それは私が貧乏でスタンフォード大学やハーバード大学に行く金銭的余裕が皆無だったからです。

もしあなたの家に留学資金があるなら、東大を目指してはいけない。東大を目指すというトレンドは世界的に逆張りになっている。世界的なトレンドはカリフォルニアまたは東海岸のアイビーリーグ(ハーバード、イェール、プリンストンなど)に進学すること。このトレンドが失速することは当分なさそうで、ここで順張りをかけた人は世界的に大成功している。

東大に入ることは…

  • あなたの中では順張り
  • 学校では順張り
  • 塾では順張り
  • 日本では順張り
  • 世界では逆張り
  • 世界では逆張りが大成功している

もし私が十八歳でそこそこの資金を持っていたら、一ミリも迷わずにアメリカの大学を選びますが、みなさんはどうでしょうか?

よく東大を目指して予備校などに資金を投下している方がいらっしゃいますね。人生は人それぞれですが、その戦略は世界的なトレンドの逆張りです。自分たちの中では順張りというだけです。東大を目指すのは当たり前だし、国内の大学に進学したほうがその後も都合いい、というのは当事者が狭い価値観でつくりあげた「順張りバイアス」あるいは「現実歪曲空間(スティーブ・ジョブズの有名な価値観)」に過ぎない。

広告

広告

広告

コンピューター コンピューター
プログラミング プログラミング
数学 数学
英語 英語
国語 国語
理科 理科
社会 社会

Python入門

Python入門

化学入門

化学入門

漢字辞典

漢字辞典

整数辞典

漢字辞典

Lord Candy

Lord Candy