エッセイ ビジネス

2021年のビットコイン価格を勝手に予測する:たぶん30,000ドルで推移

この記事は個人の勝手な予測なので当てにしないでくださいね。めんどくさいのでチャートや図は引用しません。詳しいデータは自分で調べてください。

現在ビットコインは金と強い相関にあり、今までのようにビットコイン=投機対象とはみなされなくなってきました。ドル安は金とビットコインを上げていくというわけです。ドル紙幣はどんどん製造されて、政府が資産を勝手に購入してインフレの圧力が高まっているので、ビットコインは勝手に上昇します。

重要なのは無知の個人が何も考えずにCMを見て買うという相場ではないということです。ビットコインは機関投資家にとって重要なヘッジになっています。つまり株は上がるが、株式市場は加熱しているので安全資産としてビットコインを買うという流れもあるわけですね。

ビットフライヤーのコマーシャルを見て飛びつく日本人が押し上げてきた相場と、リスク管理の上で大規模に投資する機関投資家が押し上げる相場は根本が違うので、2021年のビットコインは今よりも伸びていくと考えられます。そしてこれはバブルというよりは、仕方ない上げ相場というべきです。

ビットコインの予測価格

1ビットコイン 30,000ドル

と予測します。あくまで個人の予測で、根拠はめんどくさいので省きます。といってもたいした根拠があるわけでもありません。金価格と相関すること、ファンドの資金流入量などをざっくり適当に考えたうえでの価格です。

ビットコインの予測では金の歴史を観察することが重要だと思います。金はある一定の時期に絞ると米国株式よりもパフォーマンスがいい。金よりもややパフォーマンスがいい感じでビットコインは推移すると思われるので、30,000ドル、日本円で3,000,000円くらいが妥当なのではないでしょうか。

正直10,000ドルに戻るとは思えない。

他の仮想通貨について

ほかは論外です。イーサリアムとかリップルとか、そんなものは犬の糞よりも価値がないので、買うだけ損します。こういうのをまさに金ドブっていうんです。

だからって空売りするという行為は最も愚かな行為です。仮想通貨の空売りというのは、宝くじを全力で買うよりも浅はかです。

個人はビットコインを買うべきではないかもしれない

そもそも投機などするべきではないというのが私の考えなので、ビットコインは基本的に買うべきではないです。テクノロジーを分析して、ビットコインの特性と将来性を知った上で買うならいいですが、そうでない人は何もしないべきです。

ビットコインもイーサリアムもリップルも、すべての仮想通貨はそもそもなにに使われているわけでもありません。ドルでなにが悪いのでしょう? もちろんテクノロジーは重要ですが、代替は大抵の場合失敗します。ドルや金の代替としてビットコインを考えるなら、それは壮大な電気の無駄使いで終わります。私はビットコインやブロックチェーンから画期的な未来が生まれるとは思っていません。なので無視してます。

それよりもビットコインの加熱を利用しているコインベースのほうに興味がありますよ。それかロビンフッド。ロビンフッドは上場するか知りませんが、コインベースはIPOの準備をしています。私はビットコインなんかよりもこっちのほうが好きですね。

免責

投機や投資は自己責任です。このページは特定のなにかを推奨しているわけではありません。私は株もビットコインも買うべきではないといつも言っています。