Irohabook
エッセイ 教育

中学生と高校生は日本人の大学生講師から英語を教わるな!英会話教室に行ってネイティブから学ぼう

広告

私はずっと英会話を続けているので、ネイティブとしゃべってスピーキング力を鍛えることがどれだけ必要かわかっています。それなのにほとんどの中学生と高校生は近所の個別指導塾に行って、日本人の大学生講師から英語を教わります。

WHY JAPANESE PEOPLE!!

と叫びたいですよ。なぜ英語を日本人から勉強するの??

ろくに発音もできず、日常生活でよく使われる表現も知らない人がなぜ教育現場にいるのか? 本当に腹が立ちますよ。「アンタ本当に英語わかってるの? 歩きスマホはやめてくださいって英訳できる?」と近所の個別指導塾にいる日本人講師に質問したい。

感情的になってもしょうがないけど、近所の個別指導塾でアルバイトの大学生講師から英語を教わる理由ってなんなんでしょう??

英会話教室に行ってほしい

多くの塾は日本人講師による文法解説を授業のメインにしています。学校のリーディング授業と合わせると、全体的にいびつな学習スタイルといえます。日本人は英語ができないと言われますが、それは教育に問題があるからです。

蛇足になりますが、文部科学省はいい加減に英語教師をネイティブだけにするべきです(怒)。英語ができないから産業の競争優位性が下がっているのに、いつまで原始的な教育を続けるのでしょうか? 学校の英語教育を考えると腹が立ってしょうがない。

…とにかく塾に行くなら英会話教室がいいでしょう。スピーキング力は英会話教室でしか身につかない。他の英語力(リーディング、ライティング、リスニング)は独学でなんとかなります。しかしスピーキングは英語を話すこと、つまりコミュニケーションでしか養われない。

マンツーマン英会話教室はレッスン単価が普通の塾に比べて高く、家庭教師並のコストがかかります。英語対策で家庭教師を雇うなら英会話教室に行ったほうがいいでしょう。


費用と効果を考えよう

英会話教室はほとんどの人にとって絶大な効果があります。これは実際にやってみるとわかります。少なくとも大学生のアルバイト講師に教えてもらうよりは期待できます。

英語が本当にできるかどうかわからず、まともな発音もできるか怪しい大学生に払う金額は1ヵ月あたり約1.5万円。多少の差はありますが、中央値はだいたいこのくらいです。時間は2時間/日×4日/月で約8時間/月くらいでしょう。

英会話教室はプロのネイティブスピーカーによる本格的な英語教育です。月1.5万円程度の場合、時間は40分~50分/回×1回/週×4週/月で、約3時間/月になります。

これだけを見るとマンツーマン英会話教室がいかに高コストであるかわかりますね。

しかし費用対効果で考えると必ずしもそうとはいえない。一般的な塾では授業時間のおよそ3割がなにもしていない無駄な時間。教師がコミュニケーションと称して雑談をしたり、生徒も集中が途切れてだらけたりする分が約3割。これを先の時間にかけると月5.6時間となります。ネイティブスピーカーと英語ができるか怪しい大学生がもたらす効果に3倍の差があるとします。5.6を3で割って約2時間。英会話教室が3時間なので、やや英会話教室がコスト・パフォーマンスに優れているといえます。

とてもざっくりした計算ですが、日本人講師の塾のほうが欧米人マンツーマンの英会話教室よりコスト・パフォーマンスが高いとはいえないのです。


英語はリーディング以外の力がとても重要です。成長のポテンシャルを考えれば大学生講師の塾より英会話教室のほうがはるかにいい。同じ1.5万円を出すのであれば、英会話教室一択です。

日本人講師による英語教育を考えるのであれば、御茶ノ水のど真ん中で大量の生徒を集めるような大手予備校がいいでしょう。しかし「近所にあるから」「同級生もいるから」という理由で大学生講師が英語を教える近所の個別指導塾に行くのはかなりもったいない。

ポイント

英語以外の科目だったら大学生の講師もいいですが、英語はさすがにダメですよ。本当アカンですよ…。

参考
家庭から「一対二は個別指導って言わない(怒)」と相談されました

どうして私が感情的になっているか

大学生のとき、私はいろいろな塾で数学を教えていました。私は東大数学科なので、塾側も「東大」「数学科」を家庭と生徒にアピールしていましたね。塾は中身よりアピールに情熱を注ぎます。その塾がどんな英語講師を雇っていたかというと、私より英語ができない大学生・大学院生でした。

私は英語に自信がありませんでしたが、「英語で論文を読むことがある」と塾にいうと、なんとその塾は私も臨時の英語講師にしました。断りたくても断れない状況でした。塾講師の仕事をした人にとっては「あるある」でしょう。

そうして英語コースにいくと「アンタよくそれで英語を教える気になったなあ(怒)上位校の高校生よりできねーじゃん!」という大学生が教えているわけです。

これが実態なんです。思いだすだけでムカムカしてきます。

速読英単語がおすすめって教えていたけど、そういうアンタが一番速読英単語を読むべきだろ!」というレベルの講師がたくさんいるんです。大手塾もそうでない塾も変わらない。正直、塾業界は大手だから安心というのはまったくない。大手で安心なのは保険会社だけ。

どうして誰もこの悲惨な現場を伝えないんでしょうか。そして塾、特に個別指導塾は先生の質を上げたほうがいいですよ…。

参考
英会話を続けるコツ
中学生の英語勉強:聞くだけで上がるは嘘

受験戦略

広告

コンピューター コンピューター
プログラミング プログラミング
数学 数学
英語 英語
国語 国語
理科 理科
社会 社会