株は稼げないのでFXをやりたいと言った妹を説教した:レバレッジは投資の敵

FXをやりたいと言った妹を説教した話をここに残します。この記事はもともと結婚した妹に将来の金と資産形成(株式投資)をわかりやすく解説したに入れる予定でしたが、長くなったので分割しました。

株は資産をつくるまでに時間がかかりすぎる


株って年間3%くらいしか上がらないから、FXをやってみたいんだけど。株の配当金もほんのちょっとしかないじゃん。


FXは同じところをちょこまか往復する相場で勝たないといけないから難易度が高いよ。


はあ? でもFXで儲かったっていうブログが多いけど。


ドル円の方向を単に予想するだけなら半分の確率で儲かって半分の確率で損する。だから100人のブロガーがいたら、いつも50人が勝って50人が負ける。

毎日FXの勝負をするブロガーが32人いたら、確率的に5日連続で勝つ人が1人くらいいてもおかしくない。詐欺師の古典的手法もこれを利用してるよ。


同じところをちょこまか往復する相場ってどういうこと?


ドル円だったら100円と110円をずっと往復してるじゃん。


別にいいじゃん。なにが悪いの?


同じところを往復するドル円をこまめに取引しても疲れるだけ。上がるか下がるかは基本的に運任せ。政策の予想とテクニカル分析(チャートからその後のトレンドを読みとること)の両方をやらないといけないけど、うまくいく確率はたぶん70%以上はいかない。


70%? なんの根拠があって?


ただの憶測。仮想通貨の取引をやっているとだいたいそのくらいが限界だってわかる。70%も相当いい数値だと思う。それでも割にあわない。

去年末から今年の4月くらいまで円安が進んで、1ドルが103円から110円までいったよね。これはアメリカの金利を考えれば普通に予想できた。10万円を100倍くらいにレバレッジをかけたら、70万円くらいは儲かったことになるね。

実際は103円と110円のボトムとトップで取引することは無理で、なんだかんだでその7割、つまり104円と109円くらいが実際の取引価格になる。この場合、10万円から50万円の利益が生まれるかな…

と思うでしょ?

でも現実はそうはならない。110円にいくまでに、2月後半から106円から105円まで円高になっている。このときは金利の見通しがちょっと悪くて、NASDAQもかなり不安定だった。105円までいったあと、一気に110円まで戻るとは思わなかったよ。

だから106円から105円になったとき、僕だったら104円で買ったドルを105円で円にしたかも。一時的にも102円まで戻る可能性もあった。

この場合、103円から105円の2円しかとれないことになる。しかし様子を見ているうちに再び円安になるので、また107円で入って109円で決済するのかな。一回も負けない強運でも、10万円から40万円しか生まれないわけだね。

ここまで勝つこと前提で話をしたけど、100倍のレバレッジをかけたら、相場の方向がちょっとずれただけで資金の全部が消える。資金がすべてなくなるリスクのわりに、半年で4倍にしかならないなんて糞だよ。


もっとリスクを管理すればいいじゃん。


そうだね。そうすると半年で2倍が限界かもね。

FXで資金を2倍にするリスクは、資金をボラティリティの激しいNASDAQ系の株にするリスクよりはるかに高いと思うね。これも個人的な憶測だよ。例えば僕はEnphaseを取引したけど、最安値は5月の111ドルで、今(6月下旬)はほぼ190ドル。2倍とまではいかないけど、一ヶ月で1.7倍になる株がゴロゴロ転がってる。


ひえ〜! そんな値動きがあるんだ。


Enphaseは太陽光発電のある部品で独占的に支配してる超高成長株だから、放置していれば割安になって株価が上がるだろうね。それが一ヶ月後なのか一年後かはわからないけど。

結局、ドル円みたいな往復相場って難しいんだよ。往復相場で勝つにはレバレッジをかけるしかないけど、それだったら安定して成長する株を買うほうがいい。放置しておけば勝手に上がるんだもん。

あやしい業者が「高確率で勝てる法則」とか鼻くそみたいな宣伝してるでしょ。あれってたぶん実際に確率が高いと思う。

だけど投資は確率だけが勝つ要素じゃない。安心できる投資は安心できない投資よりはるかに利益の期待値が大きい。

投資は結局、損はいつも自分の心からくる。心に負けて損する。心に勝てば得する。レバレッジは一番の不安材料になる。レバレッジをかけた瞬間、レバレッジだけがひとり歩きして、勝ち負け以上の存在になる。これはレバレッジをかけた人にしかわからない精神状態だね。

心が不安定だと、最初の考えと違う行動をとりがち。上の場合だと、2月に106円から105円までいったとき、もっと円高になると思ってドル売りにかけたかも。最初は円安になると考えたのに、ドル円が一週間違う方向にずれただけで正反対の行動をとってしまったかも。それはレバレッジのせい。レバレッジが決意や判断を鈍くする。そして時として最悪の行動につながる。

レバレッジをかけてなかったら最初の考えはブレないだろうね。

勝っても負けても心が動かないくらいがちょうどいい。レバレッジをかけた時点で投資は負けと思ったほうがいい。だからFXは期待値の低い取引だよ。この世でうまくいくコツは常に期待値を計算すること。期待値を下げる要素はすべて排除しないといけない。これが成功するコツ。

注意:この記事は投資の推奨や斡旋ではなくEnphaseはたまたまあげた銘柄にすぎない。投資は自己責任。FXというくだらない取引をしようとした妹を叱った顛末を記録しただけです。短気な人、人の話を聞かない人、自分で調べない人、責任をなすりつける人、他人のあら探しが好きな人、人を妬む人は投資で勝つことはない。そういう人は貯金以外に道はない。