バスティーユ牢獄の襲撃事件(1789)

1789年7月14日、フランスのパリ市民がバスティーユ牢獄を襲撃した事件。フランス革命を象徴する出来事。

この事件により7人の囚人が解放され、バスティーユ司令官(ド・ローネー)とパリ市長が殺害された。すでに(1789年7月11日)財務長官ネッケルは罷免されていたが、バスティーユ襲撃後の7月16日に政府に戻っている。

バスティーユ牢獄の襲撃事件をきっかけにフランス全土で暴動が広がり、やがてフランス革命につながった。

広告