七草粥(がゆ)ってなに? 春の七草と秋の七草のまとめ

七草粥(ななくさがゆ)とは、春の七草(セリ、ナズナ、ゴギョウ、ハコベラ、ホトケノザ、スズナ、スズシロ)をおかゆにした食事のこと。一月七日に食べる習慣は江戸時代から広まったとされる。

おかゆに七草と言われる野菜が入ったものを七草粥という。七草というと春の七草を指すことが多いが秋の七草もある。漢検一級を目指している方は漢字も一緒に覚えよう。

春の七草 セリ(芹) ナズナ(薺) ゴギョウ(御形) ハコベラ(繁縷) ホトケノザ(仏の座) スズナ(菘) スズシロ(蘿蔔)

秋の七草 ハギ(萩) キキョウ(桔梗) クズ(葛) フジバカマ(藤袴) オミナエシ(女郎花) オバナ(尾花) ナデシコ(撫子)

※繁縷は正確には「ハコベ」と読む。