河川のしん食作用、運ぱん作用、たい積作用

作用 説明
しん食作用 川底や川岸をけずる
運ぱん作用 岩石や土砂を運ぶ
たい積作用 土砂を積もらせる

しん食作用と運ぱん作用は流れが速いほど大きくなる。たい積作用は流れがおそいほど大きくなる。

しん食作用はV字谷、たい積作用は扇状地などで見られる。

広告

広告

広告

姓名判断

漢字辞典

色辞典

数の辞典

高校化学専門サイト

Python解説サイト

© Irohabook