Swiftのletとvarの違い

letは後で変更不可能の変数を宣言するときに使う。

let a = "abc"

と宣言したら

a = "def"

とはできない。

varは後で変更可能の変数を宣言するときに使う。

var a = "abc"

と宣言しても

a = "def"

とできる。

広告

広告

広告

技術

言語

高校理系

高校文系

中学

小学

エッセイ

姉妹サイト