Swiftのstoryboardを使わない画面遷移:UIViewControllerはpresentを使う

Swift4以前の情報があまりに多い。storyboardを使わない画面遷移も古い情報があまりに多すぎる。

結論:presentを使う。ただしUIViewControllerに限る。

よくnavigationController.pushViewControllerが画面遷移の方法として書かれているが、UIViewControllerでは使えない。navigationControllerはUINavigationControllerで使う。

UIViewControllerで画面遷移を行うには

let mainViewController = MainViewController()
self.present(mainViewController, animated: true, completion: nil)

などとする。presentの第一引数に次の画面(これはUIViewControllerである必要があるのか? よくわからない)のインスタンスを指定する。

presentViewControllerという関数を説明している人がいるが、Swift4ではpresentになっている。

広告

広告

広告

技術

言語

高校理系

高校文系

中学

小学

エッセイ

姉妹サイト