センター試験現代社会の点数が面白いほどとれる本の評価と使い方

「センター試験現代社会の点数が面白いほどとれる本」はセンター現代社会(現社)向けの参考書です。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

著者 村中和之 出版社 KADOKAWA ページ 383p ISBN 9784046007704

就職試験の一般常識まで強い味方

投稿 あいざわゆう さん 評価 ★★★★

現代社会のテキストとしてだけでなく、実は各種資格試験や就職試験の常識問題や時事問題にも幅広く対応しているとゼミの先生より紹介されました。

予備校などでもこの書籍を推薦しているところが多いだけのことがあり、頭に残らないようなキーワードやひっかけられそうなところが眺めているだけでなんとなく理解が深まって記憶にのこるように工夫されたつくりになっていると思います。

本を買ってもなかなか頭に入っていかないという人にはもってこいの一冊、だれでもとっつきやすい書籍内容になっています。

大きさも切って持ち歩くほど重くもないですし、この一冊でカバーできる部分がとても多くてボロボロになるまで使用しました。3週できればかなりの点数として自分の中に蓄積が確実にできるものだと思います。

行政書士試験の一般問題集としてもすごく人気が高いそうなので、センター+資格試験受験を考えている人には絶対おすすめです。