ろうそくの外炎、内炎、炎心の温度の違い

ろうそくの炎は3つの層がある。

外炎

酸素が十分にあり、完全燃焼している。温度は最も高い。

内炎

酸素が十分でなく、不完全燃焼している。ろうそくの炎で最も明るい。

炎心

酸素が不足し、あまり燃えていない。温度は最も低い。

ろうの気体がある。炎心にガラス管を入れると白いけむりが出てくる。

中学受験のワンポイント

炎心にガラス管をさしこんで出てくる白いけむりは、気体でなく液体と固体である。

やかんの水を熱すると白い湯気が出てくる。湯気は水蒸気でなく液体の水である。同じようにガラス管から出てくるけむりも気体ではない。

広告