金釘流の読み方と意味

金釘流は「かなくぎりゅう」と読む。下手な字のこと。

書道などの字を書く場面で使われる。いい意味で使われることはなく、しばしば侮辱的なニュアンスをもつ。