Irohabook
Python ファイルとディレクトリ

Pythonで同じディレクトリにあるファイルを開く(path.dirname(__file__)とpath.joinを使う)

広告

Python で同じディレクトリにあるファイルを開くには、os の path ライブラリを使う。

あるディレクトリに a.txt と b.py があり、b.py で a.txt を開くとする。

from os import path

a = path.join(path.dirname(__file__), 'a.txt')
with open(a, 'r') as f:
    s = f.read().splitlines()
    print(s)

注意

相対パスは注意が必要で、open の第一引数を a.txt と単に指定してもうまくいかない。つまり下のコードはエラーになる。

with open('a.txt', 'r') as f:
    s = f.read().splitlines()

path.dirname

Python ファイルのあるディレクトリの絶対パスは

path.dirname(__file__)

で取得する。上の例では b.py のあるディレクトリの絶対パスが返る。ファイルの絶対パスでなく、ファイルのあるディレクトリの絶対パスである。例えば

/Users/irohabook/PycharmProjects/sample

といった文字列が返る。最後はスラッシュがない。

path.join

path.join はパスを結合する。最初のコードをもう一度見よう。

from os import path

a = path.join(path.dirname(__file__), 'a.txt')
with open(a, 'r') as f:
    s = f.read().splitlines()
    print(s)

path.join の引数は a.txt となっている。先頭にスラッシュがついていない。スラッシュをつけるとエラーになる。

参考 Why doesn't os.path.join() work in this case? - stackoverflow

他に知っておくと便利なポイント

しつこく最初のコードをふりかえる。f.read().splitlines() に注目しよう。

from os import path

a = path.join(path.dirname(__file__), 'a.txt')
with open(a, 'r') as f:
    s = f.read().splitlines()
    print(s)

なぜ f.read().splitlines() とわざわざしているのか? readlines() をなぜ使わないか?

C# といった他の言語にある readlines は Python にもあるが、改行コードがリストの要素に含まれてしまう。例えば a.txt に次のデータがあったとしよう。

apple
amazon
google
facebook

a.txt を readlines() で読みこむ。

from os import path

a = path.join(path.dirname(__file__), 'a.txt')
with open(a, 'r') as f:
    s = f.readlines()
    print(s)

結果はこうなる。

['apple\n', 'amazon\n', 'google\n', 'facebook']

不要な改行コードを最初から除去する素朴な方法は f.read().splitlines() である。

広告

コンピューター コンピューター
プログラミング プログラミング
数学 数学
英語 英語
国語 国語
理科 理科
社会 社会