東進ブックス「化学一問一答(完全版)」の評価 定期テストの対策や重要問題集の導入として使うべし

「化学一問一答(完全版)」は東進ブックスから出ているコンパクトな問題集です。問題集としても参考書としても使うことが可能で、A6というコンパクトなサイズから電車に乗っている時に重宝します。

項目 評価
使いやすさ ★★★★★
詳しさ ★★★★
おすすめ ★★★★★
レベル 初級~中級
対象 高1~

サイズがコンパクトで使いやすさはピカイチ

「化学一問一答」の売りはその圧倒的な使いやすさにあるでしょう。サイズは小さく、問題が穴埋め形式で、重要なポイントは体系的に整理されています。化学が苦手な人は帰りの電車で毎日ちょっとずつ本書を読むだけで、化学の実力がつくと思います。

なおサイズは小さいものの厚さは結構あります。それだけボリュームがあるということです。「これ一冊で受験を乗り切る!」ことはあまり現実的ではありませんが、例えば数研出版の「化学重要問題集」などといった本格的な問題集に入る前の導入として役立ちます。

本書には赤いシートが付属しています。赤いシートで単語を隠して問題を解くような形式ですが、それが嫌だという方は参考書として使うといいですね。参考書としても他の参考書に比べて説明が端的でわかりやすい。

レベルは初級から中級、定期テスト対策から本格的な受験対策の導入まで

本書のレベルは初級から中級です。教科書にある基本的な事項をある程度おさえている人はさくさく読むことができるでしょう。また「無機はできるが有機はできない」「高分子や繊維ができない」といった苦手分野がはっきりしている人も本書を使うとあっけなく克服できるかもしれない。

逆に基本の基本もわかっていないというレベルだとやや苦戦し、かえって効率が悪い。また重要問題集の問題をさくさく解けるようなレベルの人も簡単過ぎて合わないと思ってしまうかもしれない。といっても多糖類、繊維、ゴム、生化学的分野(DNAなど)といった分野ではかなりの詳しさと分量があるため、この分野に苦戦している人はそばに置いておくといいかもしれませんね。

全体としてレベルは低すぎず、高すぎず。

使い道は定期テスト対策と重要問題集の導入。定期テスト、特に無機と有機の暗記分野での定期テストの対策では威力を発揮するでしょう。そして重要問題集の導入。教科書を読んだ後、いきなり重要問題集にとりかかる人はあまりいないと思います。何かしらのクッションが必要ですが、そのクッションになるのが本書です。

結論としては、化学の参考書と問題集で何を買おうか迷ったら、本書「化学一問一答(完全版)」を強くおすすめします。

おしらせ

受験生、大学生、数学の好きな大人の方に向けて、センター数ⅡBの過去問を解く勉強会を開催します。

広告