はがきの書き方 頭語と結語の正しい組み合わせ

はがきや手紙を書くとき、最初に

拝啓~

などと書きます。この「拝啓」を頭語といいます。また最後に

~敬具

などと結びます。この「敬具」を結語といいます。

一般的に頭語と結語は正しい組み合わせがあり、例えば拝啓には敬具、前略には草々が対応します。

拝啓から始まって草々に終わるということは避けたほうが無難です。

頭語と結語の組み合わせ一覧

一般的な頭語と結語

拝啓、拝呈、啓上 ↓ 敬具、敬白、拝具

ていねいな頭語と結語

謹啓、謹呈 ↓ 謹言、謹白

急ぎの頭語と結語

急啓、急呈、急白 ↓ 草々、不備、敬具、拝具

前文省略の頭語と結語

前略、略啓 ↓ 草々、不備、不一、不尽

返事の頭語と結語

拝復 ↓ 敬具

重ねて出すときの頭語と結語

再啓 ↓ 敬具

まとめ

いろいろな頭語と結語がありますが、急ぎの場合と前文省略の場合以外は

拝啓+敬具

と書いて、急ぎの場合、前文省略の場合は

急啓+草々 前略+草々

でいいでしょう。

広告