突然変異とアルキル化剤(高校生物)

DNAの塩基配列の異常を突然変異という。突然変異によって塩基配列が変わると、それまで作られなかったタンパク質が合成されるようになる。これは生物の適応と進化につながる場合もあれば、その逆もある。

紫外線を浴びることはよくないとされる。これは紫外線が細胞のDNAを傷つけて、突然変異が起きる可能性を高めるからである。紫外線のように突然変異の原因になるものを突然変異原という。突然変異原として放射線とアルキル化剤などの化学物質がある。

放射線  … 紫外線、X線、γ線
化学物質 … アルキル化剤、アクリジン

アルキル化剤はDNAの構造を致命的に変える物質で、抗がん剤(細胞傷害性抗がん剤)に使われる。アルキル化剤の「アルキル化」とは、分子の一部を「アルカン」にする化学変化である。代表的なアルキル化剤はマスタード系(正確には窒素マスタード)のシクロフォスファミドとイホスファミドである。

アルキル化剤のように、突然変異原はがん細胞の増殖を止めるために使われることはあるが、その生物学的な本質はあくまでもDNAの損傷である。

広告

広告

広告

姓名判断

漢字辞典

色辞典

数の辞典

高校化学専門サイト

Python解説サイト

© Irohabook