複素数平面の公式まとめ(共役、絶対値、arg、ド・モアブルの定理)

複素数平面は実数をx軸、虚数をy軸に表した座標です。(a,b)はa+biを表します。

複素数平面

複素数の足し算は、複素数をベクトルとみなしたときの足し算に似ています。

複素数の足し算

共役

複素数の共役はx軸を軸とした線対称です。

共役

共役の性質

共役の公式

共役を2回とる

絶対値

性質

絶対値と共役の関係

解説1

arg

複素数とx軸のなす角をargで表します。

arg

argの公式

ド・モアブルの定理

ド・モアブルの定理

三点のなす角

三点のなす角

広告

広告

広告

姓名判断

漢字辞典

色辞典

数の辞典

高校化学専門サイト

Python解説サイト

© Irohabook