複素数平面の公式まとめ(共役、絶対値、arg、ド・モアブルの定理)

複素数平面は実数をx軸、虚数をy軸に表した座標です。(a,b)はa+biを表します。

複素数平面

複素数の足し算は、複素数をベクトルとみなしたときの足し算に似ています。

複素数の足し算

共役

複素数の共役はx軸を軸とした線対称です。

共役

共役の性質

共役の公式

共役を2回とる

絶対値

性質

絶対値と共役の関係

解説1

arg

複素数とx軸のなす角をargで表します。

arg

argの公式

ド・モアブルの定理

ド・モアブルの定理

三点のなす角

三点のなす角

広告

広告

広告

技術

言語

高校理系

高校文系

中学

小学

エッセイ

姉妹サイト