ラックスマンとレザノフの来航から蛮社の獄まで(小学校・社会)

1792年、ロシア使節のラクスマンが北海道の根室に来航すると、日本は次第に外国から開国を迫られるようになる。

出来事
1792 ロシアのラクスマンが北海道の根室に来航
1804 ロシアのレザノフが長崎に来航
1808 フェートン号事件
1825 異国船打払令
1837 モリソン号事件
1839 蛮社の獄

ロシアのラクスマンとレザノフが来航し、外国船が日本に現れるようになった。1808年、イギリスのフェートン号が長崎に侵入し、オランダ商館から食料などを奪う事件(フェートン号事件)が起きたことをきっかけに、幕府は1825年に異国船打払令を出して外国船を追いだした。

モリソン号事件と蛮社の獄

1837年、日本人漂流者を乗せたアメリカ商船モリソン号が神奈川県の浦賀に来航した。モリソン号は非武装だったが、幕府は異国船打払令にもとづいて砲撃した。

この事件で幕府を非難した渡辺崋山と高野長英は処罰された。これを蛮社の獄という。

その後

蛮社の獄の後、1840年に中国でアヘン戦争が起き、中国がイギリスに敗北して香港を割譲した。さらにアメリカのペリーが来航して開国を要求すると、日本国内で尊王攘夷運動がさかんに行われるようになった。

広告