江戸時代の要点、黒船来航の前と後

江戸時代のざっくりまとめ ★

江戸時代はまず黒船が来航する前と後に分けましょう。そして黒船来航前の歴史は将軍ごとに出来事を覚えるようにします。黒船来航後をいわゆる幕末と呼び、それまでの江戸時代と違った角度から考えます。

黒船来航前 … 家康、秀忠、家光、綱吉、吉宗。 黒船来航後 … 幕末。

徳川将軍家

1代 家康 2代 秀忠 3代 家光 5代 綱吉 8代 吉宗 15代 慶喜

徳川家康がしたこと

・江戸幕府を開く。

徳川秀忠がしたこと

・武家諸法度。 ・禁中並公家諸法度。

徳川家光がしたこと

・参勤交代。

徳川綱吉がしたこと

・生類憐れみの令。

徳川吉宗がしたこと

・享保の改革

幕末のおおまかな流れ

ペリー(黒船)来航  ↓ 薩長同盟  ↓ 江戸幕府の終わり

アメリカからペリーが来航して以降、日本は外国から圧力をかけられて大混乱します。「このままだと外国に支配されてしまうかもしれない」という恐怖があったのです。そのため薩摩藩(今の鹿児島県)と長州藩(今の山口県)の武士たちは手を組みます。「今の幕府に任せていたら日本は外国にやっつけられてしまう。これからは自分たちが幕府の代わりに日本を強くしていくのだ」と考え、薩長同盟を結びます。

薩長同盟が大きなきっかけになり、江戸幕府を倒す運動が始まり、やがて江戸幕府は滅びてしまいます。

江戸幕府の細かい仕組み ★★

将軍 ─ 大老 ┬ 老中 ┬ 大目付(大名の監督)         |    |         │    └ 町奉行(江戸を守る行政と警察)         |         ├ 若年寄 ─ 目付(旗本の監督)         |         └ 京都所司代

幕末のあらすじ ★★

ペリー(黒船)来航  ↓ 安政の大獄  ↓ 桜田門外の変  ↓ 八月十八日の政変  ↓ 禁門の変  ↓ 第一次長州征伐  ↓ 薩長同盟  ↓ 第二次長州征伐  ↓ 大政奉還  ↓ 王政復古の大号令

幕末は日本史で最も難しいため、上の流れをまずはおさえましょう。