NumPyで配列の要素をカウントする(count_nonzero)

配列に重複したデータがあり、その頻度(どのくらい重複しているか)をカウントしたいときは、count_nonzeroという関数を使います。

入力

import numpy as np

a = np.array([2, 2, 2, 2, 3, 3, 5, 7, 7, 7])

c_2 = np.count_nonzero(a == 2)
c_3 = np.count_nonzero(a == 3)
c_5 = np.count_nonzero(a == 5)
c_7 = np.count_nonzero(a == 7)

print(c_2)
print(c_3)
print(c_5)
print(c_7)

出力

4
2
1
3

実際、上の配列では2が4回現れていますが、count_nonzeroできちんと4と取得できています。

広告

広告

広告

技術

言語

高校理系

高校文系

中学

小学

エッセイ

姉妹サイト