空想的社会主義(マルクス以前の社会主義)|高校倫理

高校倫理で扱う空想的社会主義はオーウェン、サン・シモン、フーリエの三人。

  • オーウェン … アメリカのニューハーモニー村
  • サン・シモン … 産業社会
  • フーリエ … ファランジュ

オーウェンは紡績工場の経営者であり、労働者に労働させる側の立場にあったが、労働者の環境改善を目指して協同組合を作るなどの功績を残した。

さらにオーウェンは労働者の理想的な共同体(ニューハーモニー村)をアメリカで作ろうとしたが、事業的な成功とはならなかった。

フランスの貴族出身者であるサン・シモンは、社会の基礎は産業であると考えた。また資本家と労働者は対立する関係ではなく、愛し合うべきだと唱えた。

世界史においてフーリエという人物は二人いる。ジョゼフ・フーリエとシャルル・フーリエで、ジョゼフ・フーリエは数学と物理に偉業を残した学者で、シャルル・フーリエは社会主義思想に影響を与えた思想家である。

シャルル・フーリエは農業を重視し、ファランジュという自給自足の共同社会を理想とした。

空想的社会主義の空想という修飾語はオーウェンのニューハーモニー村とシャルル・フーリエのファランジュを考えるとわかりやすい。三人の考えは社会主義の源流としてマルクスに結実する。

マルクスと社会主義
修正マルクス主義とフェビアン協会

広告