Irohabook
0
33

「〜することができる」と「〜できる」の使い分けが難しい

「コミュニケーションすることができる」を「コミュニケーションできる」と言ったとき、ニュアンスに違いはあるでしょうか?

大量の文章を書いてきて、私は

感情的には「することができる」と書きたいが、理性は「することができる」を拒絶する…

という結論にいつも至ります。

「コミュニケーションできる」のほうがスッキリしているけど、コミュニケーションはサ変名詞(「する」をつなげられる名詞)だから、「コミュニケーションすることができる」のほうが自然に見えなくもない。

実行というサ変動詞では

  • 実行することができる
  • 実行できる

となります。前者は冗長で、後者はスッキリしています。しかし日常の会話や適当に残すメモでは、意識しないとしばしば前者を採用しています。私だけかもしれませんが…。

多くの人がわざわざ冗長な「〜することができる」を使う理由は「する」の発音にあるかもしれません。これは私の憶測にもとづく仮説です。

「する」は非常に発音しやすい動詞で、舌の動作にエネルギーがほとんどいらない。一方の「できる」は濁音から始まるせいか、あるいは「゛」の見た目のせいか、サ変動詞と「できる」の間に壁があるような感じ。

次の記事

にほんご