中学地理 世界地図で覚える三つの大洋と六つの大陸と六つの州

三大洋

海は三つに分かれている。

・太平洋
・大西洋
・インド洋

三大洋

太平洋は日本とアメリカの間に広がる海。「太平洋戦争」は日本とアメリカの間、つまり太平洋上で起きた戦争だから、太平洋という名がついている。

大西洋はアメリカ東部(ニューヨークなどがある地域)とヨーロッパの間に広がる海。太平洋は「太」、大西洋は「大」から始まることに注意。

インド洋はインドの下、アフリカの東、オーストラリアの西に広がる海のこと。

メモ

三大洋で最も広い大洋は太平洋。

地球の表面のおよそ七割が海。地球はまさに「水の星」なのだ。

六大陸

世界には大陸が六つある。

・ユーラシア大陸
・アフリカ大陸
・オーストラリア大陸
・北アメリカ大陸
・南アメリカ大陸
・南極大陸

六大陸

実は南極は大陸で、北極は大陸ではない。南極は大陸に氷が積もっているが、北極はすべてが氷である。

ユーラシア=ヨーロッパ+アジア

ユーラシア大陸とは、ヨーロッパからアジアまで広がる世界最大の大陸のこと。

六州

世界は六つの州から成り立っている。

・ヨーロッパ州
・アフリカ州
・アジア州
・オセアニア州
・北アメリカ州
・南アメリカ州

六州

六大陸には南極大陸があり、六州には「南極州」はない。

この六州におよそ190の国がある。

広告