解糖系(呼吸)の概要|高校生物

解糖系は呼吸の一過程であり、グルコースを分解してピルビン酸にする。グルコース1分子から2個のATPが作られる。

1グルコース→2ATP

解糖系

解糖系の初期段階で、グルコースはグルコース6リン酸(G6P)といった物質になる。このリン酸化ではエネルギーを必要とため、ATPを消費し、ADPを放出する。

その後、リン酸化された糖はピルビン酸に分解し、この時にATPを放出する。つまり解糖系は

前半 ATP消費
後半 ATP生産

という形をとる。トータルで2分子のATPを生産することになる。

グルコースとATP

広告

広告

広告

技術

言語

高校理系

高校文系

中学

小学

エッセイ

姉妹サイト