倍数と公倍数

ある整数を1倍、2倍、3倍…した数を倍数という。例えば6の倍数は

6, 12, 18, 24, 30,
36, 42, 48, 54, 60...

となる。8の倍数は

8, 16, 24, 32,
40, 48 ,56

となる。ここで 6 の倍数と 8 の倍数に 24 と 48 がある。つまり 24 と 48 は 6 の倍数でもあり、8 の倍数でもある。このとき 24 と 48 を 6 と 8 の公倍数という。

問題

(1) 3 の倍数を小さい順に 4 つ書きなさい

(2) 7 の倍数を小さい順に 4 つ書きなさい

(3) 9 の倍数を小さい順に 4 つ書きなさい

(4) 13 の倍数を小さい順に 4 つ書きなさい

解答

(1) 3, 6, 9, 12

(2) 7, 14, 21, 28

(3) 9, 18, 27, 36

(4) 13, 26, 39, 52

広告