倍数と公倍数

ある整数を1倍、2倍、3倍…した数を倍数という。例えば6の倍数は

6, 12, 18, 24, 30,
36, 42, 48, 54, 60...

となる。8の倍数は

8, 16, 24, 32,
40, 48 ,56

となる。ここで 6 の倍数と 8 の倍数に 24 と 48 がある。つまり 24 と 48 は 6 の倍数でもあり、8 の倍数でもある。このとき 24 と 48 を 6 と 8 の公倍数という。

問題

(1) 3 の倍数を小さい順に 4 つ書きなさい

(2) 7 の倍数を小さい順に 4 つ書きなさい

(3) 9 の倍数を小さい順に 4 つ書きなさい

(4) 13 の倍数を小さい順に 4 つ書きなさい

解答

(1) 3, 6, 9, 12

(2) 7, 14, 21, 28

(3) 9, 18, 27, 36

(4) 13, 26, 39, 52

広告

広告

広告

姓名判断

漢字辞典

色辞典

数の辞典

高校化学専門サイト

Python解説サイト

© Irohabook