New サムネイル CSSでプレースホルダー(placeholder)の色を変える:ベンダープレフィックスをカンマつ New サムネイル GolangでGoogle Cloud Storageに画像やファイルをアップロードする(os. New サムネイル GoでMySQLやMariaDBのtimestampを読みこむ:データベース接続時に?parse

Pythonでmapを使う:mapでリストに関数を適用しよう

広告

Python の map はリストの関数である。数を 2 乗する関数 square を例にとろう。

def square(x):
    return x * x

m = 5
n = square(m)

print(n)
# 25

この平凡な関数をリストに適用したいとする。つまり

[1, 2, 3]

から

[1, 4, 9]

を得たいとする。いよいよ Python の map の出番だ。

def square(x):
    return x * x

a = [1, 2, 3, 4]
b = list(map(square, a))

print(b)
# [1, 4, 9, 16]

list に map を入れ、その中に適用したい関数、適用したいリストを入れる。

list(map(square, a))

問題

文字列のリストから、それぞれの文字数を出力しなさい。

解答

a = ['apple', 'mac', 'google', 'e', '']
b = list(map(len, a))

print(b)
# [5, 3, 6, 1, 0]

新しい関数を作る必要はない。文字列のカウントは len であり、それを map に入れるだけである。

ポイント: Python で文字を数えるには len を使う

次の記事 Pythonのリストから条件に合う要素を削除する

広告

広告

広告

コンピューター コンピューター
プログラミング プログラミング
数学 数学
英語 英語
国語 国語
理科 理科
社会 社会

Python入門

Python入門

化学入門

化学入門

漢字辞典

漢字辞典

整数辞典

漢字辞典

Lord Candy

Lord Candy