一般動詞とbe動詞の命令文(中学英語)

一般動詞の命令

Read a book.
本を読みなさい。

これまでは You read a book. といった主語のある文を習ってきた。主語を省略して動詞から始まる文を命令文という。語尾に!をつけて命令を強めることもできる。

Watch TV.
テレビを見ろ。

Study English.
英語を勉強しなさい。

Turn off your phone.
電話の電源を消しなさい。

Open the window!
窓を開きなさい!

動詞の位置は先頭にくる。

一般動詞の禁止

You do not read a book.

の主語をはずすと次のようになる。

Do not read a book.

主語がなく do not ... (動詞) となり、「〜するな」という禁止の文になる。動詞の位置は do not の次にくる。

Do not run.
走るな。

Do not speak in the room.
その部屋でしゃべってはいけない。

Do not は Don't と省略できる

You do not read a book.

You don't read a book.

と省略できるように、禁止文も Do not ... を Don't とできる。

Don't cry.
泣くな。

Don't believe his story.
彼の話を信じるな。

問題

次のカッコに当てはまる言葉を書きなさい。

(  ) math.
数学を勉強しなさい。

(  ) (  ) the window.
窓を閉めるな。

(  ) (  ) (  ).
歩くな。

解答

( study ) math.
数学を勉強しなさい。

( Don't ) ( close ) the window.
窓を閉めるな。

( Do ) ( not ) ( walk ).
歩くな。

Be 動詞の命令

You are a good man.
あなたはすばらしい男だ。

be 動詞のある文を命令文にするときは、主語を消して are (am, is) を be にする。

Be a good man.
すばらしい男になれ。

Be kind.
親切になって。

Be careful.
気をつけろ。

Be 動詞の禁止

be 動詞を否定するときは am not, are not, is not としていた。しかし命令文では Be not ではなく Don't be ... とする。

Don't be bad.
悪くなるな。

Don't be angry.
怒らないで。

Don't be lazy.
怠けるな。

Please ...

「〜しろ」という強い命令をやわらげるときは、動詞の前に please をつける。

Read a book.
本を読みなさい。

Please read a book.
本を読んでください。

Study English hard!
英語を一生懸命勉強しなさい。

Please study English hard.
英語を一生懸命勉強してください。

ただし、英会話の授業などで英語を実際に話すときは please をむやみに使ってはいけない。ネイティブはふだんの会話で please をあまり使わない。先生、上司、年長の人になにかをお願いするとき、ここぞというかしこまった場面で please を使う。

please は「何卒お願い申し上げます」というニュアンスがある。このような日本語を友だちどうしで使うことはない。please はここまでかしこまっているわけではないが、親しい仲で何度も使うことはないと考えよう。

応用(高校英語)

禁止は be prohibited to ... という表現もある。

Do not run.
走ってはいけない

You are prohibited to run.
走ってはいけない。

広告