促成栽培と抑制栽培の野菜と場所|地理

東京などの大都市のそばで栽培・出荷する農業を近郊農業、都市から離れたところの農業を遠郊農業という。近郊農業は、生産地から都市までの道が短く、輸送費をおさえられるという利点がある。

促成栽培と抑制栽培

夏にできる作物を冬に作って出荷する農業を促成栽培、春や秋にできる作物を夏に作って出荷する農業を抑制栽培という。

春にとれる野菜は春に安く、それ以外で高くなる。夏にとれる野菜は夏に安く、それ以外で高くなる。野菜の価格は季節ごとに変わり、本来の季節でない時期では高く売れる。これを利用した栽培が促成栽培と抑制栽培である。

促成栽培はきゅうり、トマト、ピーマンなど。抑制栽培はキャベツ、レタス、はくさいなど。

促成栽培は宮崎平野(宮崎県)と高知平野(高知県)、抑制栽培は嬬恋村(群馬県、浅間山近く)と野辺山高原(長野県、八ヶ岳近く)が有名である。

促成栽培はビニルハウスなどの人工的な温室で栽培するため、コストがかかるというデメリットがある。

※読み方
近郊農業 … きんこうのうぎょう
遠郊農業 … えんこうのうぎょう
促成栽培 … そくせいさいばい
抑制栽培 … よくせいさいばい
嬬恋村 … つまごいむら

広告