領海と排他的経済水域(小学社会)

「排他的経済水域」とは、魚をとったり海底の石油をとったりできる海のことです。

同じような単語に「領海」があります。領海はその国が持っている海のことですが、排他的経済水域はその国が「持っている海」ではありません。

性質 広さ
領海 その国の海 陸地から22kmまで
排他的経済水域 その国の海、ではない
しかしそこにある資源はとれる
陸地から370kmまで

領海と排他的経済水域の大きな違い

領海の上空は「領空」です。もし違う国の飛行機が勝手に領空に入ってきたら、その国はその飛行機を撃ち落としてもいいことになっています。

しかし排他的経済水域の上空では、そのような攻撃は認められていません。

海里(かいり)

排他的経済水域の370kmという数値は中途半端ですね。そこで

1海里 = 1852m

という単位をもうけると、排他的経済水域はぴったり200海里、領海は12海里となります。

陸地からの距離
領海 12海里
排他的経済水域 200海里

沖ノ鳥島と南鳥島

日本の最南端と最東端は沖ノ鳥島と南鳥島です。この二つは本州から遠いところにあり、この二島だけで本州と同じくらい広い排他的経済水域をもっています。

広告