Irohabook
0
50

Shopify の株を売った:私がずっと Shopify を買ったり売ったりする理由

この二週間で Shopify をだいたい売りました。今日も売りました。

1 月の小売の売上高は前月 2022/12 に比べて 3% 上がり、アメリカの購買力が強いとわかりました。また、今日は Shopify の決算で、その期待感もあって株価は大幅に上がりました。

Shopify は個人的にとても好きな株です。でも、好きだから買ったわけじゃない。私は大学院のときに「好きだから買う」という愚行で失敗しました。

株式市場は野生動物における自然と同じで、究極の弱肉強食世界、甘っちょろい感情、怒りや激情、無計画な行動に容赦ない鉄槌を下す。調子に乗っている者を一夜にして奈落の底に落とす…そういう世界です。しまった、話がまたそれてしまった。

なにが言いたいかというと、この会社と市場を分析したうえで Shopify を買いました。Shopify の契約者は中小企業と個人事業主が主体です。大きい会社も使っているだろうけど、本当に大きいところは自前のプラットフォームをもっているか、Amazon とべったりくっついているので、Shopify の客にならない。

小売は究極の競争でやっている。一般消費者に近いほど競争が苛烈で、小売は常に競争相手が出てくる。その競争を管理しているのが Shopify になります。

世界はますます狭くなり、消費者の「飽きっぽい性格」はますます強化されている。なので競争はより過激になる。だから Shopify は時間が経過するごとに支配力が強くなる。これが数年前から Shopify を定期的に買っている理由です。

ただ、Shopify は値動きが荒いので、ずっともったままだと機会利益を失うことがとても多い。だからある程度は取引しないともったいないかもしれない。そんなことを考えていつも買ったり売ったりしている。

次の記事

売買記録