石の上にも三年の意味と使い方

石の上にも三年とは、何事も短い期間でなし遂げることは難しいということ。

あらゆる道に励む人間が少しでもはやく一人前になりたいという思いを持ち、気がはやるところをおさえるためにこうした言葉がある。

また、一般的な生活の中においても、同様に活用される場合もある。

逆を言えば、粘り強く頑張り続ければ一人前になることができるという意味。

しかいながら、「石の上にも三年」という言葉の響きからして、一般的な生活シーンよりも仕事やプロフェッショナルの修行や研修期間のことをさしてつかうことが一般的になっています。

もちろん、3年というのはたとえであり、長い期間努力するということのたとえになっているだけです。

広告