「手塩にかける」の意味の語源

「手塩にかける」とは、自分の手で大切に育てること。

「天塩にかける」の天塩とは、味加減できるように食膳に据えられた塩のこと。食事の時に清めるものとして使われたという説がある。

食事の際に常にそばに置くことから、自分の近くに置いて大切にするという意味になった。