環境倫理の思想家まとめ(レイチェル・カーソン、ボールディング、ソローなど)|センター試験対策

センター試験の倫理・政経で出る可能性のある環境倫理の思想家をまとめました。この分野は対策しないとまったくわからないので、必ず教科書などで確認しましょう。

思想家 業績など
レイチェル・カーソン 「沈黙の春」を著す
農薬の危険性を主張
コルボーン 環境ホルモンの危険性を訴える
ボールディング 宇宙船地球号という標語を唱える
エマーソン 汎神論的自然観
ソロー 森などの自然保護
ヨナス 世代間倫理の重要性を訴える

中でもレイチェル・カーソンとボールディングは非常に重要です。この二人は要チェック!

レイチェル・カーソンは農薬の危険性を訴え、「沈黙の春」を著しました。ボールディングは「宇宙船地球号」という標語で、地球は一つの宇宙船のように有限な環境だから、大切にしないといけないと主張しました。

重要キーワード

  • 沈黙の春
  • 宇宙船地球号

エマーソンとソローはペアで覚えましょう。ソローはエマーソンの思想を継いで、環境保全を早くからとりくみました。ヨナスの世代間倫理は「現在の世代は将来の世代に環境問題を押しつけてはいけない」という意味です。

広告

広告

広告

技術

言語

高校理系

高校文系

中学

小学

エッセイ

姉妹サイト