構造主義の思想家レヴィ=ストロースと野生の思考

レヴィ=ストロースはフランスの文化人類学者で、構造主義の先駆者。アマゾンの住民調査などを通じて非西洋社会を分析した。

野生の思考

レヴィ=ストロースはアマゾンなどの未開社会を分析し、人々が野蛮ではなく、ヨーロッパ人と同様の高度な思考を持っていることを証明した。彼らの思考は野生の思考といわれる。

野生の思考は身のまわりの具体的なものについて考える具体的な思考である。ヨーロッパ人は哲学や科学などの抽象的な思考を行ってきたが、レヴィ=ストロースはどちらの思考も高度な構造を持っていることを示した。

広告