植物の冬越し(冬ごし)の分類:種子、茎や根、冬芽、ロゼット葉など|中学受験理科

虫や動物と同じように植物も特定の形で冬を越します。例えばヒマワリは種で冬を越します。

種子で冬を越す植物

冬がくるまでに種を作って、自分は冬に枯れてしまう。

アサガオ
イネ
ヒマワリ

地下の茎や根で冬を越す植物

本体は冬も枯れず、地中の茎や根で冬を越す。

サツマイモ
ジャガイモ
ススキ
ハス
チューリップ

ロゼット葉で冬を越す植物

葉を地面に広げることをロゼットといいます。ロゼット葉で冬を越す植物としてタンポポがあります。

タンポポ
ナズナ

冬芽で冬を越す植物

サクラなどの木は、春に出てくる葉や花などを守るために「冬芽(とうが)」というものをつけます。

サクラなど

広告

広告

広告

技術

言語

高校理系

高校文系

中学

小学

エッセイ

姉妹サイト