LaTeXコマンド 等号や不等号などの記号

等号や同値記号

LaTex入力

$1=1$
$1\neq0.9$
$1 \fallingdotseq 0.9$
$1 \risingdotseq 0.9$
$M \equiv N$
$M \sim N$
$M \approx N$
$M \simeq N$
$M \cong N$

LaTex出力

$1=1$ $1\neq0.9$ $1 \fallingdotseq 0.9$ $1 \risingdotseq 0.9$ $M \equiv N$ $M \sim N$ $M \approx N$ $M \simeq N$ $M \cong N$

simは二項関係の同値記号です。congは加群の同型写像などに使われます。neqなどは四則演算と同じように前後の空白を入れても入れなくても変わりませんが、simなどは後に空白が必要です。空白を入れないとエラーが出ます。

LaTex入力

$M \sim N$
$M\sim N$
$M\simN$
$M\sim{N}$
${M}\sim{N}$

LaTex出力

$M \sim N$ $M\sim N$ !エラー! $M\sim{N}$ ${M}\sim{N}$

空白を入れたり入れなかったり中括弧を入れたり入れなかったりする実験ではsimの後に空白を入れないパターンだけがエラーとなりました。中括弧は前後どちらに入れてもそれ自体は出力されません。

不等号

LaTex入力

$1>0.5$
$1 \geq 0.5$
$1 \geqq 0.5$
$1 \gg 0.5$
$1<0.5$
$1 \leq 0.5$
$1 \leqq 0.5$
$1 \ll 0.5$

LaTex出力

$1>0.5$ $1 \geq 0.5$ $1 \geqq 0.5$ $1 \gg 0.5$ !エラーではないが形が崩れる! $1 \leq 0.5$ $1 \leqq 0.5$ $1 \ll 0.5$

不等号もいろいろな種類があります。普通の<と>はそのまま不等号として使用できますが、MathJax(JavaScriptで動くLaTex)の場合、<ないし>がその後の数式のデザインを崩してしまいます。上の実験でも<自体のデザインは問題ありませんが、その後の式が崩れるためコードを書いていません(当サイトはMathJaxを使用しています)。

ちなみにエラーはこうなります。

LaTex入力

$1>0.5$
$1 \geq 0.5$
$1 \geqq 0.5$
$1 \gg 0.5$
$1<0.5$
$1 \leq 0.5$
$1 \leqq 0.5$
$1 \ll 0.5$

LaTex出力

$1>0.5$ $1 \geq 0.5$ $1 \geqq 0.5$ $1 \gg 0.5$ $1<0.5$ $1 \leq 0.5$ $1 \leqq 0.5$ $1 \ll 0.5$

そこで<と>は次のコマンドを使います。

LaTex入力

$1 \gt 0.5$
$1 \lt 0.5$

LaTex出力

$1 \gt 0.5$ $1 \lt 0.5$

広告