Irohabook
エッセイ ビジネス

ネーミングのAルール:Aから始まる会社名とサービス名の一覧

広告

世界で最も時価総額の高い会社はApple、Amazon、Alphabet、Microsoftですが、4社のうち3社はAから始まっています。これは偶然でしょうか?

Aから始まる会社やサービスはたくさんあります。

見てわかるように巨大会社は好んで会社名やサービス名にAを使っています。AlphabetはGoogleの運営会社、つまりGoogleです。そのGoogleはAndroidというスマートフォンOSを開発しています。

Amazonの音声アシスタントはAlexaで、Microsoftのクラウド事業はAzureです。世界最大級のサーバー会社はドットコムバブル前からずっとAkamaiで、Googleが登場する前はAOLがインターネットの中心でした。

近年最も注目を浴びている会社はAirbnbで、中国最大のECはAlibabaです。半導体はAMDとApplied Materialsが伸びています。映像関連のソフトウェアはAdobeが世界最大で、時価総額はすでにトヨタ自動車と同水準にあります。

2020年2月時点で上位10社のうち4社がAから始まり、上位50社のうち7社がAから始まります。アルファベットは26個あり、単純に考えれば4/10という確率には意味があるといえます。

テック企業はAを好む

Aから始まらない巨大会社もあります。これも時価総額順にリスト化してみましょう。

(2020年2月)

これ以上は例をあげませんが、古い会社はAにこだわらず、新しい会社はAにこだわっているということがわかります。AndroidやAlexaといったブランドも入れて考えると傾向はより鮮明になります。

Amazon、Alphabet、Android、Alexa、Azure、Airbnb、Alibabaあたりを見ると、テクノロジー企業がいかにAを愛しているか理解できます。

いいネーミングはAから始まる

ネーミングは会社やサービスの命になります。いいドメインは高値で取引されますが、それはネーミングの重要性を語っています。いい名前とは、普遍的で、小細工がすぎず、ネガティブな印象のない名詞です。

そしてAは普遍的です。アルファベットの始まりであり母音でもあるこの単語は、よく考えるとAdamやAlexanderといった最も偉大な名前にも使われています。

次のAppleやGoogleになる偉大な会社もおそらくはこのAを使っていることでしょう。

広告

コンピューター コンピューター
プログラミング プログラミング
数学 数学
英語 英語
国語 国語
理科 理科
社会 社会