古文 助動詞の接続まとめ

助動詞とは、用言(動詞、形容詞、形容動詞)または体言(名詞)の後に付いて、「打消」「過去」「推量」といった意味を加える言葉。

例えば「語らず」(訳:語らない)という言葉は「語ら」+「ず」であり、「ず」は助動詞、「語ら」は「語る」の未然形である。「ず」は打消を表す助動詞で未然形に接続する。

「ず」は用言の未然形に接続し、他の活用(連用形など)には接続詞ない。「ず」の未然形接続のように、助動詞がどの活用に続くかは文法上決められており、これを助動詞の接続という。

助動詞の接続例

「き」「む」「べし」の例を考えよう。それぞれの接続は連用形、未然形、終止形である。

き … 連用形接続(過去) む … 未然形接続(推量) べし … 終止形接続(命令)

助動詞の接続まとめ

未然形接続

助動詞 意味
自発・可能・受身・尊敬
らる 自発・可能・受身・尊敬
使役・尊敬
さす 使役・尊敬
しむ 使役・尊敬
打消
推量・意志・勧誘・仮定・婉曲
むず 推量・意志・勧誘・仮定・婉曲
打消推量・打消意志
まし 反実仮想・ためらい意志・推量
まほし 希望

連用形接続

助動詞 意味
経験過去
けり 伝聞過去・詠嘆
完了・強意
完了・強意
たり 完了・存続
けむ 過去推量・過去原因推量・過去伝聞婉曲
たし 希望

終止形接続

助動詞 意味
らむ 現在推量・現在原因推量・現在伝聞婉曲
べし 推量・意志・可能・当然・命令・適当
まじ 打消推量・打消意志・不可能・打消当然・禁止・不適当
なり(伝聞推定) 伝聞・推定
めり 推定・婉曲
らし 推定

※「なり」は断定を表す「なり」と伝聞推定を表す「なり」の二種類がある

連体形・体言接続

助動詞 意味
なり(断定) 断定・存在

※「なり」は断定を表す「なり」と伝聞推定を表す「なり」の二種類がある

連体形・助詞「が」「の」接続

助動詞 意味
ごとし 比況

サ変未然形・四段已然形接続

助動詞 意味
完了・存続